投稿日:2020年3月18日

内装解体工事の「スケルトン工事」「原状回復工事」って何?

こんにちは!神奈川県横浜市保土ヶ谷区にて遺品整理などを行なっている株式会社東和興産です。
弊社では「遺品整理」や「不用品回収」の他にも「内装解体工事」という業務も行っております。
なぜ、遺品整理業者が解体工事も行なっているのか?
それは、主に賃貸物件の遺品整理業務の際は、物件を貸主に引き渡すことも考えて「内装を入居時の状態に戻す工事(原状回復工事)」をすることが必要な場合がほとんどだからです。
そこで今回は「内装解体工事」について詳しく解説します!

内装解体工事には二種類ある!

一口で「内装解体工事」と言っても、実は「スケルトン工事」と「原状回復工事」の二種類に分かれます。
賃貸物件の場合は、その引渡し方によって内装解体工事の方法も変わってくるのです。
「原状回復工事」は先程も少し触れましたが、「スケルトン工事」とは一体どんな工事なのでしょうか?

スケルトン工事

内装解体工事のうちの「スケルトン工事」とは、建物の主要構造以外の部分を解体し、コンクリート打ちっぱなしの状態に戻す工事です。
床や天井、壁・配線・給排水管など、「設備」と言えるものはすべて取り外し、建物の「骨組み」だけの状態にするのです。
「スケルトン工事」をした物件を次の入居者に引き渡すと、次の入居者は設備も含めて物件の内装を自由にカスタマイズすることが可能に!
ただ、スケルトン工事は建物の骨組みまで状態を戻すため、引渡す側にとってみれば費用の負担も高めになってきます。

原状回復工事

先程少しご紹介した「原状回復工事」では、店舗や事務所などを入居時の元の状態に戻します。
例えば、入居時にタイル張りだった床を入居後にフローリングに変えていた場合、「原状回復工事」は床をタイル張りに戻すことを指します。
賃貸住宅から引っ越しをしたことのある方はイメージしやすいかもしれないですね。
以上が二種類の内装解体工事の解説でした!

解体工事なら藤和興産へ

株式会社東和興産では、重機を使わずに手作業で解体工事を進めるため、騒音や振動を抑えつつ内装解体工事を進めることができます。
粉塵などの飛散も少なくできるため、近隣にお住まいの方への影響も抑えることが可能です。
お客様のご要望に応じて、「床だけ」「天井だけ」といった部分的な解体にも対応しております!
その他、不用品買取なども行っていますので、まずはお問い合わせください。
それでは、以上お読みいただきありがとうございました。

株式会社東和興産
〒240-0032 神奈川県横浜市保土ケ谷区法泉一丁目10番16号
TEL:045-442-6626 FAX:045-442-6627


関連記事

遺品整理の事例

遺品整理の事例

こんにちは!神奈川県横浜市保土ヶ谷区の遺品整理・不用品回収業者・株式会社東和興産です。今回は遺品整理 …

残置物整理の事例

残置物整理の事例

こんにちは。横浜市の株式会社東和興産です。弊社は東京都と神奈川県にて不用品回収や遺品整理のほか、解体 …

業務内容のご紹介!

業務内容のご紹介!

こんにちは。横浜市の株式会社東和興産です。弊社は東京都と神奈川県にて不用品回収や遺品整理のほか、解体 …